ADVERTISEMENT

ポップス史上稀有な超大河個人評伝、物語はまだ半ば。

2014年9月6日 ミルクマン斉藤 ブライアン・ウィルソン ソングライター PART2 ~孤独な男の話をしよう~ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ブライアン・ウィルソン ソングライター PART2 ~孤独な男の話をしよう~

「スマイル」プロジェクト挫折後、天才が精神を崩壊させたところから始まる第2部だけに、全体のトーンが暗くなるのは致し方なし。メンバーの無理解と反目、それでいて客寄せパンダ的にライヴに駆り出されて疑心暗鬼も増し、また引きこもり生活へ。停滞期のブライアンを観るのはファンとして未だに辛いが、複眼的なインタヴュー証言と学者による音楽的革新性の解析など、その魅力を存分に伝える手法は第1部と変わらず。「サーフズ・アップ」「ラヴ・ユー」といった隠れた名作の他、実験的でレアな音源が持つ意味の大きさをクローズアップしてくれるのも嬉しい。でも本作もソロ・アルバムのリリース前まで。PART3があるのは間違いない。

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴:映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

近況:

ミルクマン斉藤さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT