ADVERTISEMENT

時代に変化を強いられた男たちの不器用な生き様

2014年9月29日 なかざわひでゆき 柘榴坂の仇討 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
柘榴坂の仇討

 西洋的な資本主義や合理主義がよしとされる明治の世にあって、時代遅れな武士道の精神にこだわり続ける主人公たち。そんな彼らをただ見守ることしか出来ない周囲の人々。物語が宿命の対決へと静かに向かう過程で、敵味方や利害損得を超えた、日本人ならではの義理人情の世界が浮かび上がる。
 結局、社会や時代というものは一部特権層の野心や利益のために動いていく。現代のグローバル化もまた然り。そうした変化の中で、庶民がいかにして己のアイデンティティを見失うことなく生きていくべきなのか。そんな社会対個人の在り方を端正な日本的情緒をもって描いた作品と言えよう。「るろうに剣心」2部作と併せて鑑賞することをお薦めしたい。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT