シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

オタクは生き様だということを知らしめてくれる

  • ぼんとリンちゃん
    ★★★★★

     主人公がBLオタク男女という特殊な人種ゆえ、初めは取っつきにくく感じる向きもあるだろう。しかし、一途なまでに“腐女子”という生き様と向き合うヒロイン、ぼんちゃんの姿に、やがて熱い共感を禁じ得なくなっていくはずだ。
     物語は一足先に腐女子を卒業した肉便器ちゃん(これまた凄いネーミングだけど)の奪還作戦。そこへ、中途半端に世間を悟った社会人オタクも加わり、現実と妄想の狭間に揺れる夢追い人たちのリアルな人生模様が描かれる。
     オタクとは本来、信念であり理想であり人生である。己の道を果敢に貫くぼんちゃんの佐倉絵麻、漫画から抜け出てきたような美少年リンちゃんの高杉真宙、どちらも絶妙な当たり役だ。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク