ADVERTISEMENT

実はスーパーヒーローの変形版だったりして?

2014年10月23日 平沢 薫 イコライザー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
イコライザー

一瞬にして殺す。証拠を残さないため銃弾は使わず、いきなり音もなく、そこにある物を突き刺す。そして問答無用に強い。

昼はホームセンターで働き後輩の面倒もみるいい人で、夜は殺傷力全開で法律も無視して悪人を殺傷しまくる別人に変身するという設定も、超人的な強さも、スーパーヒーロー仕様。だが、主人公が仮面も被らず変身もせず、舞台も現実だということになっていても納得してしまうのは、ひとえにデンゼル・ワシントンの存在感のせいだろう。

娼婦役のクロエ・グレース・モレッツは、露出の多い衣装で見せる肢体が、まだ大人の女性ではなく少女の形で、このセクシーさは危険。これじゃデンゼルも放っておけない。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「Movie Walker」「日経エンタテインメント!」「DVD&動画配信でーた」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:SFアニメ・アンソロジー『ラブ、デス&ロボット』@Netflix のシーズン3が配信に。今回の裏テーマは黙示録? ティム・ミラー監督『巣』の原作はブルース・スターリング。シーズン1『目撃者』のスペイン出身監督アルベルト・ミエルゴの『彼女の声』のビジュアルも強烈。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT