ADVERTISEMENT

ナチもその敵も、誰もが敗者であったシビアな風景

2014年10月24日 相馬 学 シャトーブリアンからの手紙 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
シャトーブリアンからの手紙

 ひとりのナチス高官が殺された事件の報復としてヒトラーが指示したのは、フランス人の政治犯150人の処刑。そんな戦時下の過酷な風景を切り取った本作は、確かな歯応えがある。

 フランス人の悲劇もさることながら、ナチスの兵たちでさえ報復がやり過ぎと考え、指示を回避すべく奔走する。背景にはドイツとフランスの敵国間を越えた個人レベルの交流があり、前半では収容所のノンビリとした空気も伝わってくる。

 個人と個人の関係が国を背負ったことで途端に圧迫される、そんな現実を名匠シュレンドルフは的確に描き切る。そして、そこでは誰もが敗者とならざるをえない。このシビアな現実は、日本も無縁ではないだろう。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『ゴーストバスターズ アフターライフ』『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』『アイス・ロード』『マリグナント 狂暴な悪夢』他の劇場パンフレットに寄稿。布袋寅泰への取材をはじめ、最近は映画絡みで音楽アーティストに話を訊くことが多くなりました。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT