崇高な魂の宿った美しき日本映画

2014年10月31日 なかざわひでゆき 蜩ノ記(ひぐらしのき) ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
蜩ノ記(ひぐらしのき)

 耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ。愛する者のために進んで自らを犠牲にし、身分や立場に関係なく礼節を重んじ、限られた時間の中で与えられた役割を全うする。しかし、己の正義は決して曲げない。お家の体面を保つため、言われなき罪で切腹を命じられた誇り高き武士の姿に、果たして彼のような立ち振る舞いが出来るであろうかと、思わず自らに問うてしまう。まさに身を律せられるような作品だ。
 四季折々の美しき日本の原風景に目を奪われ、情感溢れる音楽に胸を揺さぶられる。役所広司ら演者たちの佇まいも素晴らしい。日本人の心、武士道の精神というものに思いを馳せながら、悔いなく生きるということについて暫し考えさられる。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]