シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

未練たらしいエンド・ソングに苦笑しきり。

  • やさしい人
    ★★★★

    なんせ『女っ気なし』の監督&主演のコンビ作だからまた冴えない男の話かというと、ま、オタク的ではあるけれどそれなりにミュージシャンとして評価もされ、それなりにちゃんと年下女性と恋もして「ヴァンサン君成長したねぇ」と思わせる。だがそれも束の間…次第にストーカー監禁サスペンスの色あいが濃くなって、オタクよりずっとタチの悪い話に(笑)。でもそれは米映画ふうのものでなく、トリュフォー的な執着の心理ドラマになってしまうのがいかにもG.ブラックだ。全編いい味出しまくってる父親役が、J.ロジエの『オルエットの方へ』『メーヌ・オセアン』以外ほとんど観たことのないB.メネズだというのも監督の所信表明だろう。

⇒映画短評の見方

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴: 映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

» ミルクマン斉藤 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク