シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

オリジナルの魅力を最大限に引き出した3Dバージョン

  • くるみ割り人形
    ★★★★

     35年前に製作された同名人形アニメの3Dバージョン。とはいっても、ただそのままの3D化ではなく、再編集した上にCG効果や追加シーンを挿入し、声優や音楽も一新。オリジナル版でやけに浮いていた実写バレエやタレント声優の持ちネタを使ったギャグを一掃したこともあり、より統一感のある作品に仕上がったように思う。
     ジョージ・パルのパペトゥーンやランキン&バスの作品を彷彿とさせる、ドリーミーでレトロ・ポップなデザインは全く古びておらず、コマ撮りならではの手作りの温もりもまた心地よい。東欧アニメ的なダーク・ファンタジーの要素もしっかりと残しており、変に“カワイイ”を強調しすぎなかった点も好印象だ。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク