シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

役者はカラダが資本です

  • 百円の恋
    ★★★★

     安藤サクラのボクシングシーンが話題だ。それだけじゃない。当たり前のように濡れ場で裸身を魅せる。その覚悟や気迫にただ、ただ圧倒。彼女をそこまで本気にさせた脚本やスタッフも評価すべきだろう。
     とはいえ欧米女優にすれば「作品に必要なんだから、当たり前じゃん」と鼻であしらわれそうだが。それが特筆されてしまう日本の芸能界の現状を憂慮することも忘れてはならない。
     欲を言えば、新時代のカッケー女を体現してくれるかと思いきや、肝心の恋はバックに「神田川」が流れそうな昭和テイスト。特にラストは…ハードボイルドにキメて欲しかったぜ。

⇒映画短評の見方

中山 治美

中山 治美

略歴: 茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。週刊女性、GISELe、日本映画navi、goo映画、スカイパーフェクトTV(ぴあ)、朝日新聞webサイトおしごと博物館内で「おしごとシアター」などで執筆中。いつの間にやら映画祭を回るのがライフワークとなっている。お気に入りはオランダ・ロッテルダム国際映画祭とスペインのサンセバスチャン国際映画祭。

近況: 本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)、DVDマガジン「石原裕次郎シアター」(朝日新聞社)が発売中デス。

サイト: https://www.oshihaku.jp/series/00007

» 中山 治美 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク