ADVERTISEMENT

身悶える恋情と語りの軽妙さがトリュフォー直系。

2014年12月30日 ミルクマン斉藤 暮れ逢い ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
暮れ逢い

『仕立て屋の恋』『髪結いの亭主』の、フェティッシュでエロティックなルコントが戻ってきた。青年ザイツ(R.マッデン)の心の揺れを如実に表す一人称的キャメラ。ツンデレな駆け引きを弄しながらも彼にのめりこむ社長夫人(R.ホール)の恋情に付き従う音楽。彼女の弾く「悲愴」ソナタの甘美さが夫とザイツ双方に波紋を呼び、ザイツに至っては想い人の触れた鍵盤の匂いを嗅いで愉悦する。そんな忍びやかで繊細なドラマなのに、勿体ぶらずサクサク進行するのも洒脱。過去のルコントを知る者にとって結末はいささか拍子抜けするかもだが、S.ツヴァイク原作であるのを刻印するように、迫りくる時代の暗雲をワンシーン織りこんでいるのがいい。

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴:映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

近況:

ミルクマン斉藤さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT