ADVERTISEMENT

VFXはボリウッドの無茶を実現するためにある

2014年12月31日 中山 治美 チェイス! ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
チェイス!

『きっと、うまくいく』のアーミル・カーンが、勢いそのままに米国上陸。アメコミ頼りのハリウッドに挑戦状も叩きつける。
 『スパイダーマン』も驚愕の空中散歩をバイクでやってのけ、マイケル・ベイも嫉妬する?パトカー大量破壊を街中で実行。ボリウッドが、VFXという武器を手に入れればここまでオモロイ事ができるんやで!と猛烈にアピール。さらに主人公が数々の離れ業をやってのけるのも、サーカスのトリックスターだからという設定で片付けてしまう大胆さが笑いをも誘う。
 だが、すべてをアクションを裏付けするアーミルのマッチョボディを見よ。娯楽に賭ける本物のスターが堂々真ん中にいるからこそ、151分だが飽きないのだ。

中山 治美

中山 治美

略歴:茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。日本映画navi、全国商工新聞、スカイパーフェクトTV(ぴあ)、BANGER!、朝日新聞webサイトおしごとはくぶつかん情報館内で「おしごと映画」を執筆中。いつの間にやら映画祭を回るのがライフワークとなっている。お気に入りはオランダ・ロッテルダム国際映画祭とスペインのサンセバスチャン国際映画祭。

近況:本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)、DVDマガジン「石原裕次郎シアター」(朝日新聞社)が発売中デス。ライフワークの旅の記録をまとめたブログはこちら。https://tabisutekaisyu.amebaownd.com

サイト: https://www.oshihaku.jp/series/00007

中山 治美さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT