P・ブロスナンの新たな当たり役誕生!

2015年1月16日 なかざわひでゆき スパイ・レジェンド ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
スパイ・レジェンド

 チェチェン紛争に絡む米露のパワーゲームを背景としつつ、己の良心に従ったことで米露双方を敵に回した元CIA工作員の死闘を描く。
 まずはピアース・ブロスナンの完全復活を祝したい。国家の大義名分のもと大勢の命を犠牲にしてきた元スパイが、まるでその罪を贖うかのごとく弱者のために奔走する。007とは一味違った悲哀とニヒリズムを漂わすブロスナンが実にカッコいい。
 リトビネンコ事件に着想を得たであろう題材(原作設定を大幅変更)は新鮮味なし。だが、組織の論理VS個人の正義に迫るドラマ展開は手応え十分。古典的なスパイ映画の醍醐味を継承したR・ドナルドソン監督の流麗な演出も冴える。シリーズ化決定は大歓迎だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]