シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

猥雑だけど真っ正直さが爽やかなセックス群像劇。

  • さよなら歌舞伎町
    ★★★★

    正直言って廣木映画が苦痛になって久しい僕だがこれはイイ。脚本の荒井晴彦、中野太ともども、その原点であるピンク映画(と新宿という土地)に立ち返り、無意味な長回しもなくサクサク進む風俗映画。しかも彼らには珍しい「グランド(ラブ)ホテル形式」の群像劇なのだ。学費稼ぎでAVに出る被災家族の娘・樋井明日香&純愛家出娘・我妻三輪子の元アイドル勢も、署内不倫の女刑事・河井青葉も(ガラス張りシャワールームにおっぱい押しつけられて…なんて久々に観る濡れ場)、あの『メビウス』女優とは思えぬほど可愛いイ・ウンウもみんな身体を張った好演だが、枕営業はするものの清新な前田敦子がさすがの存在感で最後をかっさらうのである。

⇒映画短評の見方

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴: 映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、大阪・天六のブックカフェ「ワイルドバンチ」で月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤の日曜日には鼠を殺せ」を主宰。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「SAVVY」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。ちょいと私事でレヴューをアップし損ねてましたが、どんどん書いていきます。

» ミルクマン斉藤 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク