シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

渋谷すばるという逸材を初めて知った自分を猛反省!?

  • 味園ユニバース
    ★★★★

    『リンダ、リンダ、リンダ』偏愛女としては山下敦弘監督の音楽映画という期待が裏切られるはずはないと思っていたが、ちっぽけな期待の遥か上かに超す完成度の高さに大興奮。音楽を軸にワケあり男女が心を通わせるという物語はありがちかもしれないが、とにかく主演の渋谷すばるが素晴らしい。歌唱力はもちろん、アイドルとは思えない太々しい存在感と「俺、かっこいいだろう」感ゼロの演技力はまさに逸材。今まで彼を知らなかった自分を猛反省しました。そして熊切和嘉監督の作品でもお馴染みのバンド「赤犬」が本人(?)として登場するのもうれしい喜び。トレンドとは無関係に“好き”を追求する姿勢を貫くメンバーの顔が見えたね。

⇒映画短評の見方

山縣みどり

山縣みどり

略歴: 雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況: リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

» 山縣みどり さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク