ADVERTISEMENT

思い入れがないほうが面白いのかもね!

2015年2月24日 ミルクマン斉藤 ミュータント・タートルズ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ミュータント・タートルズ

かつてのブーム時でもちょいとトウが立ちすぎてたが、映画版はゴールデン・ハーベスト絡みってことで観てた僕。今回のリブート(?)の異様なクンフー度の高さのワケはそこにあるんだろうし、モーション・キャプチャーの進化を如実に感じさせもする。しかも延々と、高速度で展開する雪の急勾配でのアクションは絶妙に設計されていて、アニメーションとしても素晴らしい出来。ま、作品世界を構築するアホすぎる設定、安易すぎる陰謀が許せるかどうかが評価を分けると思うけれど、「ケアレス・ウィスパー」だのラジカセのウォールだのといった80年代ネタ以上に、オチで「Happy Together」がかかったのには大笑いしちまいました。

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴:映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

近況:

ミルクマン斉藤さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT