ADVERTISEMENT

演じることで素が露わになる、ももクロの奇蹟的なドキュメント

2015年2月27日 清水 節 幕が上がる ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
幕が上がる

 5人のキャラを生かした役柄でありながら、いつも全力投球のアイドルとは異なるももクロがいる。生硬さが目立つ序盤から終幕へ向かうにしたがい、高校演劇部員たちは女優になっていく。少女の今をキャメラが追いかけるドキュメントという意味において、まさに正統派アイドル映画。普通の女の子との境界線を漂う彼女たちは、演じることでアイドルの仮面を脱ぎ、思春期の素を露わにする。女優の夢を捨てた教師役として彼女たちを牽引する、黒木華の存在感が絶品だ。ヨーロッパ企画と組んだ作品では演劇的なフォーマットを残していた本広克行演出は、平田オリザと組むことで絶妙なセリフの間と表情を得て、奇蹟的かつ映画的な瞬間をすくい取った。

清水 節

清水 節

略歴:映画評論家/クリエイティブディレクター●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」出演●映画.com、シネマトゥデイ、FLIX●「PREMIERE」「STARLOG」等で執筆・執筆、「Dramatic!」編集長、海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書: 「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」●映像制作: WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成・取材で国際エミー賞(芸術番組部門)、ギャラクシー賞(奨励賞)、民放連最優秀賞(テレビ教養番組部門)受賞

近況:●「シン・ウルトラマン」劇場パンフ執筆●ほぼ日の學校「ほぼ初めての人のためのウルトラマン学」講師●「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」劇場パンフ取材執筆●特別版プログラム「るろうに剣心 X EDITION」取材執筆●「ULTRAMAN ARCHIVES」クリエイティブディレクター●「TSUBURAYA IMAGINATION」編集執筆

清水 節さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT