個VS社会という日常の戦争

2015年4月28日 森 直人 私の少女 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
私の少女

ずばり傑作。残酷な現実に立ち向かう女性ふたり――ペ・ドゥナ(私)とキム・セロン(少女)が凛々しく美しい!

閉鎖的なコミュニティでの児童虐待、といえば『トガニ 幼き瞳の告発』等があるが、こちらはさらに複雑で、婦警の“ある秘密”を軸に現代社会の諸問題が重層的に渦巻く。ひりひりとリアルでありつつ、清澄な詩情と寓話的な美しさを湛えた作風は、同じくイ・チャンドンのプロデュースで、女性の新人監督が手掛けた『冬の小鳥』に通じるものだ。加えてこちらはミステリーの味わいもある。

エンドクレジットの是枝裕和の名にも注目。だがむしろ本作に強い影響を与えたのは岩井俊二の『リリイ・シュシュのすべて』でないかと思う。

森 直人

森 直人

略歴:映画評論家、ライター。1971年和歌山生まれ。著書に『シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~』(フィルムアート社)、編著に『21世紀/シネマX』『シネ・アーティスト伝説』『日本発 映画ゼロ世代』(フィルムアート社)『ゼロ年代+の映画』(河出書房新社)ほか。「週刊文春」「朝日新聞」「キネマ旬報」「メンズノンノ」「Numero TOKYO 」「映画秘宝」などでも定期的に執筆中。※illustrated by トチハラユミ画伯。

近況:YouTubeチャンネル『活弁シネマ倶楽部』でMC担当中。「SAVE THE CINEMA」の回配信中。5月22日より、諏訪敦彦監督(『風の電話』)の回を配信中。ほか、想田和弘監督(『精神0』)、深田晃司監督(『本気のしるし』)、豊島圭介監督(『三島由起夫vs東大全共闘』)、入江悠監督(『AI崩壊』)、タナダユキ監督(『ロマンスドール』)、岩井澤健治監督&大橋裕之さん(『音楽』)、片山慎三監督(『岬の兄妹』)と『パラサイト 半地下の家族』を語り尽くす特番、森達也監督&河村光庸プロデューサー(『i 新聞記者ドキュメント』)、小林啓一監督(『殺さない彼と死なない彼女』)、竹内洋介監督(『種をまく人』)、渡辺紘文監督&雄司さん(『普通は走り出す』など大田原愚豚舎の世界)、瀬々敬久監督(『楽園』)、今泉力哉監督(『アイネクライネナハトムジーク』)、二ノ宮隆太郎監督(『お嬢ちゃん』)、大森立嗣監督(『タロウのバカ』)、樋口尚文監督(『葬式の名人』)等々を配信中。アーカイブ動画は全ていつでも観れます。

サイト: https://morinao.blog.so-net.ne.jp/

森 直人さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]