シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ダメだからこそ愛おしい、バカ者のスローバラード

  • ラブ&ピース
    ★★★★

     新作の相次ぐ園子温の作品の中でも、本作はその本流というべきダメ人間映画に近い。周囲が見えず、自分の願望の方向のみに突っ走る青年のドラマは常識どおりには収まらない。

     社会から見捨てられるはずが、たまたま運よく気流に乗ってしまい、いい気になった主人公。その自我がモンスター(というか、怪獣)と化してゆく奇抜な展開は、理解できない人にはチンプンカンプンだが、ツボにハマッたらトコトン共感できる。

     ヒロイン、麻生久美子の朴訥さやRCサクセションの「スローバラード」は、ダメな人間を原点と引き戻す吸引力がある。オルタナティブな怪作だが、そこに魅せられたとき、本作は特別なものになる。

⇒映画短評の見方

相馬 学

相馬 学

略歴: アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況: スターチャンネルの無料放送番組『GO!シアター』に出演中。新作映画について語ります。

» 相馬 学 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク