ADVERTISEMENT

戦争によって壊された日常は2度と戻らない

2015年8月8日 なかざわひでゆき この国の空 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
この国の空

 空襲の相次ぐ太平洋戦争末期の東京を舞台に、戦時下における庶民の日常生活を19歳の平凡な女性を通して見つめる。
 明日の命も知れぬ極限状態。平静を装いつつも人心は荒み、肩を寄せ合う家族や隣人の関係にもギスギスしたものがつきまとう。そんな中で健気に振舞うヒロインもまた、失われいく青春への焦りから妻子ある男性との不倫に身を任せる。
 時代に翻弄された人々の複雑な胸中を丁寧に描きつつ、果たして彼らの苦悩や喪失が終戦でチャラになったのか?という問いを投げかける。古風な台詞回しを含めて当時の若い女性像を鮮やかに体現する二階堂ふみ、そんな娘を懸命に見守る母親役で会心の演技を披露する工藤夕貴が素晴らしい。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT