ADVERTISEMENT

夜の都会を這う下衆男。

2015年8月31日 ミルクマン斉藤 ナイトクローラー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ナイトクローラー

ノー学歴ノー職歴、ネットで学んだビジネス書のもっともらしい警句吐くばかりなニートのくせにいわれのない自信に満ちたクズ男ながら、人間性なんてものは埒外な下衆なコトやりはじめたらこれがまた天職だった!という露悪的なピカレスク劇。残念ながら今のネット社会の倫理レヴェルからすると話そのものはありきたり一歩手前で、例えばB.ワイルダー『地獄の英雄』のような時代認識を覆すような衝撃はないが、物語るテンポのスピード感と完全にイッちゃってるジェイク・ギレンホールの目、何よりPTA映画でもナイト・シーンに底力を発揮するR.エルスウィットの撮影が、都会の闇の危うい魅力をシャープに捉えて見事だ。

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴:映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

近況:

ミルクマン斉藤さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT