ADVERTISEMENT

明らかに007パロディなオチが下品でまたよろしい(笑)。

2015年9月30日 ミルクマン斉藤 キングスマン ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
キングスマン

M.ヴォーンとM.ミラーはとりわけ洒落っ気の面でよほど相性がいいらしい。今回は’60年代のスパイ映画へのオマージュがぎっしり。とりわけ二人はR.ムーア期の軽~い007が大好きらしいが、黒ブチ眼鏡のC.ファースなんてM.ケイン扮する国際諜報員ハリー・パーマーそのままやん!と思ってたらご本人もしっかり登場。教会での馬鹿馬鹿しいほど凄惨な大殺戮シーン、エルガーの「威風堂々」に合わせた脳髄お花畑などなどブラックな笑いも冴えてるし、少年の成長物語というマシューお得意の要素もしっかり描けていて、新生T.エガートン君もなかなかの好演。ま、これだけヴェテラン勢の悪ノリが過ぎると印象埋もれがちだけどね。

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴:映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

近況:

ミルクマン斉藤さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT