ADVERTISEMENT

舞台変われどキャラもドラマも走る、走る!

2015年10月30日 相馬 学 メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮

 ディストピアにゾンビ、サバイバル、巨大な敵等々のエッセンスの融合は『バイオハザードⅢ』の世界観と類似しているが、敵となるか味方となるかわからない生存者のコミュニティとの遭遇を筆頭に意外性のあるエピソードが効いていて、既視感を抱かせない。

 肉体性を重視したアクション・アドベンチャーという前作の要素が踏まえられているのもその一因。これを踏まえつつ新たに文明が死に絶えた後の砂漠へと若者たちを放つ。キャラクターの若々しさや必死さが、今回も魅力的だ。

 ドラマの推進力となる主人公トーマスの反骨心の熱に加え、解明されない謎の吸引力も活きている。2年後に公開される予定の第3作が待ち遠しい。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『ゴーストバスターズ アフターライフ』『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』『アイス・ロード』『マリグナント 狂暴な悪夢』他の劇場パンフレットに寄稿。布袋寅泰への取材をはじめ、最近は映画絡みで音楽アーティストに話を訊くことが多くなりました。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT