シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

これはマジで笑って泣けます!

  • エール!
    ★★★★★

     フランスの田舎の女子高生が、両親の反対を押し切って歌の道を目指す。それ自体はよくある話だが、しかし本作の場合、彼女以外の家族全員が聾唖者。音楽の素晴らしさを彼らにどう理解してもらうのか、そして自分の支えが必要な家族と将来の夢のどちらを選ぶのか。そこが本作の焦点となる。
     それにしても両親の自由奔放なこと!反骨精神が旺盛で喜怒哀楽が激しくてフリーセックス。初潮を迎えた娘に“ようやく女になった!”って狂喜乱舞する母親って(笑)。その強すぎる絆と愛情ゆえ、主人公は何事にも奥手になってしまう。そんな彼女の気持ちを代弁するかのような、ミシェル・サルドゥの名曲がまた感動的。クライマックスは大号泣です。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク