シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

気が遠くなるほどの哀切の美が滲み出す

  • さようなら
    ★★★★★

    『ざくろ屋敷』の“画ニメ”が、今作のクライマックスとなる長い時間の推移を映し出したワンカットと重なる。それが「円環」に思えた為、『さようなら』は深田晃司監督の最初の集大成に見えた。グローバル化(難民)や3.11の影は『歓待』や『ほとりの朔子』でも提示された主題だ。

    原作は青年団の戯曲。元々アンドロイド演劇は、人間をロボットのように厳密に芝居させる事でリアルを生成する逆説から誕生したはずだが、深田は映画への移植でトライアルを広げる。ポイントはやはり「時間」。アンドロイドは腐敗していく人間を対象化し、世界の永遠性は人間の知に過ぎないアンドロイドを対象化する。現代から普遍にタッチする傑作寓話だ。

⇒映画短評の見方

森 直人

森 直人

略歴: 映画評論家、ライター。1971年和歌山生まれ。著書に『シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~』(フィルムアート社)、編著に『21世紀/シネマX』『シネ・アーティスト伝説』『日本発 映画ゼロ世代』(フィルムアート社)『ゼロ年代+の映画』(河出書房新社)ほか。「週刊文春」「朝日新聞」「キネマ旬報」「TV Bros.」「メンズノンノ」「Numero TOKYO (Web)」「映画秘宝」などでも定期的に執筆中。※illustrated by トチハラユミ画伯。

近況: YouTube配信番組『活弁シネマ倶楽部』でMC担当中。8月30日より、田中征爾監督(『メランコリック』)の回を配信中。ほか、大崎章監督(『無限ファンデーション』)、安里麻里監督(『アンダー・ユア・ベッド』)、深田晃司監督(『よこがお』)、映画ジャーナリストの徐昊辰さん(2019年上半期映画興行について)、江口カン監督(『ザ・ファブル』)、長久允監督(『ウィーアーリトルゾンビーズ』)、工藤梨穂監督(『オーファンズ・ブルース』)、三宅唱監督(『ワイルドツアー』)、佐向大監督(『教誨師』)、片山慎三監督×松浦祐也さん×和田光沙さん(『岬の兄妹』チーム)、二宮健監督(『チワワちゃん』『疑惑とダンス』)、広瀬奈々子監督(『夜明け』)、緒方貴臣監督(『飢えたライオン』)、関根光才監督(『太陽の塔』『生きてるだけで、愛。』)等々を配信中。アーカイブ動画は全ていつでも観れます。

サイト: https://morinao.blog.so-net.ne.jp/

» 森 直人 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク