ADVERTISEMENT

手描きの温もりを残したキャラ造形が成功の鍵

2015年12月5日 なかざわひでゆき I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE

 生誕65周年を記念した3DCG版ピーナッツ・ムービーは、赤毛の女の子に一目惚れしたチャーリー・ブラウンの不器用な恋物語と、戦闘機パイロットに憧れるスヌーピーの妄想アドベンチャーが描かれる。
 CGのリアルな質感がメルヘンな世界観を台無しにするのでは…と若干心配だったが、手描きの温もりを残したキャラ造形や美術デザインは原作コミックのイメージを崩すことなく、昔ならではのアニメらしさを再現することにも成功している。
 日本語吹替版を子役にやらせたのも大正解。谷啓とかなべおさみがチャーリーの声をやってた昔の吹替版も、あれはあれで味があるといえば確かだけど、子供心に違和感は拭えなかったからなあ(笑)。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT