お子様ゾンビVSダメ教師のトホホ系コメディ

2016年2月12日 平沢 薫 ゾンビスクール! ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ゾンビスクール!

 世の中には、常に一定数のこういうコメディが必要。しょーもない設定でダメ人間ばかり、お笑いもトホホ系、いやあまったく困ったもんだとニヤニヤしながら見ているうちに、なんだかなごんでしまっている、そういうコメディ。小学校低学年の生徒たちがゾンビになってしまって、ちょっと変わったキャラの教師たちが悪戦苦闘。普通はお子様相手にやっちゃいけないことを、お子様たちがゾンビなったのでいろいろやっちゃうのだが、そこはコメディなので。しかし、イライジャ・ウッドは「ロード・オブ・ザ・リング」以降、ホラーや異色コメディが多く、本作も製作総指揮にも参加。本当はこういう映画が好きなのかと思うと好感度アップ。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:TVシリーズ「ウォッチメン」第7話、ラストに流れるトレント・レズナー&アッティカス・ロスによるデヴィッド・ボウイ「ライフ・オン・マーズ?」のカヴァーが脳が痺れるすばらしさ。単体でYoutubeにもApple MusicにもiTunesにもあり。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]