ADVERTISEMENT

N.Y.が舞台の小洒落たインディーズ系恋愛映画

2016年7月17日 なかざわひでゆき ウソはホントの恋のはじまり ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ウソはホントの恋のはじまり

 カフェで働く女性に恋した二流作家が、SNSで彼女の趣味や好みを徹底リサーチした上で、理想の男性を装ってアプローチに成功するも、やがてウソで塗り固められた恋愛に息切れしていく。
 やたらと’60年代にかぶれたヒロインのマニアックな多趣味や、ニューヨークのブルックリンを舞台にしたローカル色を含め、いかにも小洒落たインディーズ系恋愛映画といった感じ。そういう意味では既視感バリバリだ。
 とはいえ、2人の関係を基にした新作小説を担当編集者にベタ褒めされながら、その作品分析がいちいち自分の欠点にどハマリしていて、ぐうの音も出なくなるまで落ち込む主人公の姿は大爆笑。気持ちのいいハッピーエンドも悪くない。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT