シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ゴジラとエヴァを繋いで、日本の希望を新世代に託す成長の物語

  • シン・ゴジラ
    ★★★★★

    出現のひねりに舌を巻き、畳みかける緻密な画に昂ぶり、新奇性あふれる攻防に瞠目して、新世代の可能性に希望を託す国民的映画に涙が滲んだ。無謬性の神話が招く最悪の事態。だが結束して対処せんとする日本的美徳。未曾有の災厄をモチーフに娯楽映画に変換した本多猪四郎の『ゴジラ』を3.11後Ver.にアップデートする。岡本喜八の反骨の魂を父に、ウルトラ世代の映像的記憶を血流に、エヴァという果実を経て、『太陽を盗んだ男』の聖地を最終決戦拠点とし、怪獣映画を日本土着の<危機管理エンターテインメント>に昇華。物量で圧するハリウッドに対しても、知恵と不眠不休で「この国はまだまだやれる」ことを庵野秀明は証明してみせた。

⇒映画短評の見方

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター|1962年東京生まれ|●著書に、「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」、新潮新書「スター・ウォーズ学」(共著) ●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画制作で、国際エミー賞芸術番組部門、日本民間放送連盟賞最優秀賞、ギャラクシー賞奨励賞を受賞

近況: ●劇場パンフ「エイリアン:コヴェナント」映画評●映画.com特集「スパイダーマン:ホームカミング」「ベイビー・ドライバー」「幼な子われらに生まれ」●シネマトゥデイ短評●TOKYO FM「スカパー!日曜シネマテーク」●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

» 清水 節 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク