シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

フランス版より好きです

  • 同じ実在したオペラ歌手をモデルにした仏映画『偉大なるマルグリット』がある。
    仏で大ヒットしたそうだが、鑑賞後は苦かった。
    純粋無垢にオペラを楽しむ主人公を、鼻で笑う”おフランス”貴族。いたたまれない。
    だが本作のヒロインは無垢だけじゃない。
    M・ストリープが演じている時点で全身から苦労が滲み出ちゃっているが、彼女がオペラに情熱を傾けざるを得なかった…とも言うべき人生ドラマもきっちり。ゆえに一層、大ステージに立つクライマックスシーンが際立つ。
    音痴、だけど彼女の確固たる意思が歌声にノッて胸に響いて来る。
    その時、当時の人たちがなぜ彼女に魅了されたのか?が理解出来るのではないだろうか。

⇒映画短評の見方

中山 治美

中山 治美

略歴: 茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。週刊女性、GISELe、日本映画navi、goo映画、スカイパーフェクトTV(ぴあ)、朝日新聞webサイトおしごと博物館内で「おしごとシアター」などで執筆中。いつの間にやら映画祭を回るのがライフワークとなっている。お気に入りはオランダ・ロッテルダム国際映画祭とスペインのサンセバスチャン国際映画祭。

近況: 本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)、DVDマガジン「石原裕次郎シアター」(朝日新聞社)が発売中デス。

サイト: https://www.oshihaku.jp/series/00007

» 中山 治美 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク