シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

偏屈じいさんのハートは実は、熱かった!

  • 幸せなひとりぼっち
    ★★★★★

    花束の割引クーポンに関して店員に文句を付ける冒頭、「偏屈じいさんにどんな物語があるの?」とどんよりしたけど、それも一瞬。移民女性パルヴァネ一家をはじめとするご近所との関わりと主人公オーヴェの回想を織り交ぜる構成によって、彼の期し方と魅力がどんどん掘り起こされていく。口下手だけど愛してくれた父親との関係や全身全霊を賭けて愛し抜いた亡妻との幸せな時間がオーヴェという人間を作ったのだと納得。特に妻との関係にはぐっときた。人間ってほんと、表面的な付き合いでは分かり合えない部分が多いのだ。頑な心をほぐしてくれる存在があっての話で、人間はやはり一人では生きられないと実感した。

⇒映画短評の見方

山縣みどり

山縣みどり

略歴: 雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況: リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

» 山縣みどり さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク