シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

永遠の中二病、まだまだ健在!

  • 人魚姫
    ★★★★★

    間もなく続編が公開される前作『西遊記~はじまりのはじまり~』に続き、チャウ・シンチー本人は出演してないが、ダン・チャオ演じる青年実業家は、彼が多く演じた真実の愛に目覚める傲慢&イヤミキャラ。それだけじゃなく、純情可憐なヒロインにしろ、悪趣味な見世物小屋から始まるブラックでスラップスティックな笑いにしろ、『ドラゴン怒りの鉄拳』「ゲッターロボ」「射鵰英雄傳」などの自由すぎる劇伴にしろ、どこを取っても永遠の中二病=シンチー映画である。なかでも、前作の空虚王子以上にボケまくるショウ・ルオ演じるタコ兄はベストキャラ。唯一、水中の色彩などがいかにも中国映画なのは悔やまれるが、サイコーであることに変わらず。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』『オーバー・エベレスト/陰謀の氷壁』『地獄少女』『アイネクライネナハトムジーク』『見えない目撃者』『プライベート・ウォー』『サマー・オブ・84』 『映画 賭ケグルイ』『オーヴァーロード』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ- 』『サイバー・ミッション』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「DVD&動画配信でーた」にてポン・ジュノ監督×細田守監督、「CREA WEB」にて藤原季節、「映画秘宝」にてM・A・Oなど、インタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク