ADVERTISEMENT

ガチで酷い邦題だが、これがかなりスゴい!

2017年1月5日 くれい響 ドラゴン×マッハ! ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ドラゴン×マッハ!

ドニー・イェンが『マッハ!』に触発され、MMA(総合格闘技)の要素を取り入れた『SPL』の続編。ストーリーに繋がりはないが、前作の「破壊」「対立」「強欲」を描いたドラマティックなストーリー展開やシチュエーションを継承。そして、主演にまさかのトニー・ジャー。一部で「荒木飛呂彦先生に激似!」と話題のウー・ジンも、前作のナイフの刺客から一転、キャリア史上最高にいい人キャラで、怒涛の刑務所暴動長回しを超える「It`s me(照)」なベストシーンを好演する。ソイ・チェン監督作としても、あの『ドッグ・バイト・ドッグ』に匹敵する仕上がりであり、独特の世界観に120分ドップリ浸れること間違いなし!

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『レイジング・ファイア』『少年の君』『唐人街探偵 東京MISSION』『星空のむこうの国』『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』『藍に響け』『裏アカ』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、キネマ旬報ムック「細田守とスタジオ地図の10年」にて細田守監督×ポン・ジュノ監督、「TV LIFE web」にてモモコグミカンパニーさん、SKE48さん、中川翔子さん、真洋(mahiro)さん、「GetNavi web」にて今泉力哉監督、佐久間宣行さん、岸明日香さん、堀田真由さん、「CREA WEB」にて毎熊克哉さんなどのインタビュー記事も掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT