ダークだが光も宿る青春ドラマの力作

2017年2月28日 相馬 学 少女 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
少女

 湊かなえの原作を基本的に踏まえた映画化。人の死の瞬間を見たいという少女や、イジメの被害に遭うその同級生らのダークな群像劇が繰り広げられ、スリルとともに衝撃的でもある。

 演出面で面白いのは、東映の作品にしては音楽が極端に少ないこと。ここぞという場面でのみエモーショナルなスコアがフィーチャーされる。そんなメリハリを通して、ダークではあるがそれでも光を求めている少女たちの複雑な心情が浮かび上がる。

 偶然の出会いの連鎖は2時間弱のドラマで語るには出来すぎている気もするが、力作であるのは間違いない。劇中でほとんど笑わない本田翼の、シャープな存在感も光る。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『ファナティック ハリウッドの狂愛者』他の劇場パンフレットでお仕事中。「映画の巨人たち リドリー・スコット」(辰巳出版刊)に寄稿。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]