ADVERTISEMENT

独自の知見に基づく読解を求め、監督は惑わし攪乱し挑んでいる

2017年3月13日 清水 節 哭声/コクソン ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
哭声/コクソン

 監督がテーマや読解法を語らず、謎めいたまま世に放たれた韓国映画の怪作。連続殺人の謎解きミステリーかと思いきや、オカルト映画やゾンビ映画に変質する。犯人の疑いを掛けられた素性の知れぬ“よそ者”への、人々の先入観や思い込みに応じて変化しているように映る。不安におののく集団の想念が、悪の姿形を変容させているのではないか。メディアの報じ方によって話題の人物の印象がくるくると変わるように。オープニングで「新約聖書」が引用される。肉と骨をともなってイエスが復活した教えを、本作は、悪意の実体化に置き換えたと僕は読解した。観る者独自の知見に基づく読解を求め、ナ・ホンジン監督は、惑わし攪乱し挑んでいる。

清水 節

清水 節

略歴:映画評論家/クリエイティブディレクター●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」出演●映画.com、シネマトゥデイ、FLIX●「PREMIERE」「STARLOG」等で執筆・執筆、「Dramatic!」編集長、海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書: 「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」●映像制作: WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成・取材で国際エミー賞(芸術番組部門)、ギャラクシー賞(奨励賞)、民放連最優秀賞(テレビ教養番組部門)受賞

近況:●「シン・ウルトラマン」劇場パンフ執筆●ほぼ日の學校「ほぼ初めての人のためのウルトラマン学」講師●「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」劇場パンフ取材執筆●特別版プログラム「るろうに剣心 X EDITION」取材執筆●「ULTRAMAN ARCHIVES」クリエイティブディレクター●「TSUBURAYA IMAGINATION」編集執筆

清水 節さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT