シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

羽海野チカ先生の世界観を疑似体験する至福の時間

  • 3月のライオン 前編
    ★★★★★

    羽海野チカ先生の漫画に漂う独特の空気感とユーモアをしっかりと反映した映画になっていたことにまず感動。主役を演じた神木隆之介は安定のうまさで零という青年を丁寧に演じ、物語をグイグイ牽引してくれる。作品ごとに成長を遂げる神木を見るのが映画ファンの喜びと言ってもいい。もちろん脇を締める佐々木蔵之介や豊川悦司、伊藤英明らも漫画キャラを自分らしく演じていてお見事! でも最高の驚きは零の心友、二海堂役の染谷将太。実は途中まで「この役者、新人? うますぎる」と染谷であることを忘れていたくらい。特殊メイクの力はもとより、役になりきっているスピリットが素晴らしい。二海堂が主役のスピンオフを作って欲しいくらい。

⇒映画短評の見方

山縣みどり

山縣みどり

略歴: 雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況: リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

» 山縣みどり さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク