白雪姫×闘牛士、組み合わせの妙

2013年12月20日 今 祥枝 ブランカニエベス ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ブランカニエベス

誰もがよく知る、おとぎ話のアレンジバージョンは映画で人気だが、アメリカのTVドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』より独創的な作品はなし。と、思っていたが、スペインのパブロ・ベルヘによる本作は、白雪姫と闘牛士をミックスさせるという発想が秀逸だ。

主人公のつぶらな瞳の無垢さとは裏腹に、彼女を取り巻く世界は奇妙に歪んでいて、時にグロテスク。おとぎ話はおとぎ話でしかなく、現実は試練の連続であることを、モノクロ&サイレントを用いて、これほどまでに美しい悪夢として描くことができるとは! 幻想的なおとぎ話の世界観と実社会の醜悪さが巧みにブレンドされた映像世界は、文字通り美しく残酷な大人のための寓話だ。

今 祥枝

今 祥枝

略歴:いまさちえ/映画、海外ドラマライター。『BAILAバイラ』『eclatエクラ』『日経エンタテインメント!』『日本経済新聞 電子版』ほかに連載・執筆中。ほかにプレス、劇場パンフ、各局のHPなどに寄稿。時々、映像のお仕事。著書に『海外ドラマ10年史』(日経BP社)。海外ミュージカルファン。

近況:更新休止中です。

今 祥枝さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]