薄汚いパリの裏町で燃え上がる情欲に現代の中国を見る

2013年12月19日 なかざわひでゆき パリ、ただよう花 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
パリ、ただよう花

 中国国内で5年間の創作活動禁止を言い渡されたロウ・イエ監督が、パリに暮らす中国人女性の愛と孤独を通じ、時代の狭間でがんじがらめになった現代中国人の閉塞感をあぶり出していく。

 粗野な土木作業員のフランス人青年と激しい情欲の日々を重ねるヒロイン。傷つけ合いながらも求め合うその姿はさながら自傷行為であり、異国でのロマンスと呼ぶには余りにも痛々しい。母国に帰れば安定した仕事や結婚が待っているのになぜ…?そこが本作の核心と見て間違いないだろう。

 そして、貧しい移民や労働者で溢れた薄汚いパリの裏町風景が、主人公を取り巻く混沌とした時代を象徴する。パリ=お洒落、なんて安易な発想を打ちのめす力作だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]