女優の生き様は佇まいに表れる

2013年12月31日 中山 治美 マイヤーリング ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
マイヤーリング

 O・ヘプバーンが1957年に出演したTVドラマを、最新デジタル技術で復元した幻の作品だ。当時は生放送だったが、別撮していた実景やセットを巧みに使って場面を切り替えている。その技術力と製作者たちの志しの高さを再発見するだけでも、今、公開されることの意義を感じる。
 同時に再認識させられるのは、ヘプバーンという女優の唯一無二の存在の偉大さだ。本作は『ローマの休日』のイメージを彷彿とさせる一瞬の恋に燃える男爵令嬢役だが、変わらぬ透明感と気高さ、再び彼女に恋してしまう人も多いのでは? 晩年彼女はユニセフ親善大使として人生を捧げたことで知られるが、カメラは間違いなく、演者の内面を写し出すのだ。

中山 治美

中山 治美

略歴:茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。日本映画navi、全国商工新聞、スカイパーフェクトTV(ぴあ)、BANGER!、朝日新聞webサイトおしごとはくぶつかん情報館内で「おしごと映画」を執筆中。いつの間にやら映画祭を回るのがライフワークとなっている。お気に入りはオランダ・ロッテルダム国際映画祭とスペインのサンセバスチャン国際映画祭。

近況:本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)、DVDマガジン「石原裕次郎シアター」(朝日新聞社)が発売中デス。ライフワークの旅の記録をまとめたブログはこちら。https://tabisutekaisyu.amebaownd.com

サイト: https://www.oshihaku.jp/series/00007

中山 治美さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]