シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ある意味、是枝監督からの挑戦状

  • 三度目の殺人
    ★★★★★

    『DISTANCE』の時代ならまだしも、是枝裕和監督がある意味、国民的存在となった現在、これだけの豪華キャストを集めた大作として、これをやってしまうことに対して、賛否あるだろう。観客は劇中の弁護士たち同様、役所広司演じる「空っぽの器」と呼ばれた容疑者の掌で転がされ続け、ラストもタイトルの捉え方も、委ねられるのだから。もちろん、それを俳優陣の演技合戦とともに堪能する作品であり、死刑制度に対してストレートに疑問を投げかける監督の熱も十分伝わる。そういう意味で、今だから撮れた映画と観ると、かなり興味深い。それにしても、ぺ・ドゥナとはいかないまでも、監督と被写体・広瀬すずとの距離は、あまりに近い。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『カンフー・ヨガ』『逆光の頃』『二度めの夏、二度と会えない君』『チェイサー』『RE:BORN 』『イップ・マン 継承』『笑う招き猫』『聖ゾンビ女学院』『ホワイト・バレット』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな! 」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか「CREA WEB」にて磯村勇斗、「TV LIFE」にて堺雅人×高畑充希のインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク