シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

その人をそのまま見ない、偏見の残酷さ

  • ナチュラルウーマン
    ★★★★★

    街中で、 ベッドの上で。映画にはたびたび鏡が登場し、主人公マリーナの顔が映し出される。だが、人は自分をそのまま見てくれないのだという現実を、彼女は見せつけられることに。ゲイであるために愛する人の葬式にも行けなかった悲しみはトム・フォード「シングルマン」でも描かれたが、今作は現代の話。偏見から勝手な詮索をされたり、侮辱を受けたりしても、彼女は威厳を保ち続ける。英語のタイトル「A Fantastic Woman」(卓越した女性)は、そこから来るのだ。トランスジェンダーの作品は近年少しずつ出てきたが、今作は実際にトランスジェンダーの、しかも優れた女優を探し出してキャストしていることも評価すべき。

⇒映画短評の見方

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴: 東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

» 猿渡 由紀 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク