ADVERTISEMENT

幼い少女の視点から、ややこしい大人の世界を見つめる

2014年1月30日 なかざわひでゆき メイジーの瞳 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
メイジーの瞳

 身勝手な両親に振り回される6歳の少女メイジーが、やがて血の繋がらない男女と家族の絆を深めていく。なぜなら、彼女への思いやりと慈しみを言葉だけでなく実際の行動で示したのが、皮肉にも実の親ではなく彼らだったのだ。
 本作はそんな幼い子供の視点から、大人の世界のややこしさを見つめていく。だが、かといって大人の傲慢や偽善を一方的に断罪するわけでもない。
 複雑に思える状況や問題も目線を変えてみれば、既成概念に囚われず解決の糸口が見つかるのではないか、一番に優先すべき事柄に気付くのではないかと、見る者にそっと問いかけるのだ。演技を演技と感じさせないメイジー役オナタ・アプリールの自然体も大きな魅力。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT