シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

子供たちと戯れる名優レオーにアントワーヌの面影を見る

  • ライオンは今夜死ぬ
    ★★★★

     『大人は分かってくれない』の衝撃的な主演デビューが14歳。以来、60年近くに渡って、少年期~青年期~中年期、そして老年期と、その姿をずっとスクリーンに刻み続けてきた希有な俳優ジャン=ピエール・レオー。演技なのか素なのか分からないところがまた、映画ファンにある種の奇妙な親近感を与えてきたわけだが、それは本作でも依然として健在だ。
     本人を彷彿とさせる老齢の映画スターが、朽ち果てた想い出の屋敷で今は亡き恋人の幻影と遭遇し、近所のちびっ子たちとの無邪気な映画作りを通して再び生の活力を宿す。人生の哀愁と歓びが鮮やかに交錯するのだ。かつての腕白坊主レオーがやんちゃ盛りの子供たちと戯れる姿は眩しい。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 映画および海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で10年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)などの著作も多い。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク