トム・クランシーの原作とは全くの別物と考えて楽しむべし

2014年2月10日 なかざわひでゆき エージェント:ライアン ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
エージェント:ライアン

 過去のジャック・ライアン・シリーズとは明らかに袂を分かったリブート版。物語的にはジャック・ライアン伝説第一章といったところだが、分析官らしからぬスーパー・エージェントぶりはかえってジェームズ・ボンドに近い。
 舞台設定も現代へとアップデート。脚本は完全オリジナルだが、ロシアを悪の枢軸国へ見事(?)に復帰させ、世界の平和と安全を守る正義の国アメリカを際立たせる辺り、まるで冷戦時代の再来だ。
 ご都合主義丸出しのストーリー展開に不満は残るものの、派手なカーチェイスやスタントアクション満載のサービス精神は旺盛。とりあえずクランシーの原作とは全くの別物と考えれば、普通に楽しめる娯楽大作と言えよう。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]