シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジョン・ウーならではの“バンカラ”が妙味

  • マンハント
    ★★★★★

     昭和の邦画のリメイク、もしくは昭和の日本文学の再映画化。舞台こそ現代だが、その時代のエンタテインメントが持っていた、ケレンや骨っぽさが息づいている。

     男気が濃いのはジョン・ウー作品だから当然といえば当然。ハト、二挺拳銃、スローモーションといった彼のトレードマークはもちろん見どころだが、主人公ふたりが手錠につながれたままハードなアクションを演じ、その間に芽生える絆の逸話に胸がアツくなる。

     福山雅治&チャン・ハンユーの熱演が光るのは、エモーシヨンを極めるウー節があってこそ。垢抜けなさに好き嫌いはあるだろうが、今や死語とも言える“バンカラ”な昭和テイストが活き、好感をとともに楽しんだ。

⇒映画短評の見方

相馬 学

相馬 学

略歴: アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況: スターチャンネルの無料放送番組『GO!シアター』に出演中。新作映画について語ります。

» 相馬 学 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク