シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

セッションシーンは一見の価値アリ!

  • 坂道のアポロン
    ★★★★

    “何も残らなかった”前作『先生!』では危機感を感じたものだが、今回はしっかり残る三木孝浩監督作。一見ミスマッチにも思えた中川大志のバンカラキャラは悪くなく、先生の指の動きをトレースしてピアノを習得した知念侑李とのセッションシーンは素晴らしい。それによって、テーマである“音楽を奏でることの愉しさ”は十分伝わってくるが、BL寸前の野郎2人に挟まれた小松菜奈の使い方は、もったいない気がしないでもない。また、エピソードを端折った脚色により、郷愁感溢れる原作のテイストが薄味になってしまったことは否めない。レトロな色合いを求め、『モンガに散る』などの台湾青春映画の色合いを参考にしたこともあり、★おまけ。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ボス・ベイビー』『友罪』『榎田貿易堂』『フューチャーワールド』『妻の愛、娘の時』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「TV LIFE 」にて城桧吏、「Cinema★Cinema」にて佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星、「CREA」にて山崎賢人、「CREA WEB」にて片岡千之助インタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク