シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

トレンドに忠実にリメイクされたデジタルキッズの成長譚

  •  ボードゲームが現実化する20年以上前の発想を、VRがトレンドの昨今、RPGゲーム世界にアバターとして入り込む物語に置き換え、時代に適った正しい再創造。おまけに、80年代風青春ドラマというトレンドも付け加え、まずプロデュース力でリメイクを成功に導いている。理想の姿をしたアバターとのギャップが可笑しみをもたらし、とりわけ本人の対極キャラとしての、ドウェイン・ジョンソンやジャック・ブラックの意外性ある起用法がアクセントになっている。3つの生命を持って、危険な荒野を生き抜くデジタルキッズたちの通過儀礼という物語構造も明快だ。生きづらい現実を克服するゲーム世代の成長譚として、長く愛されることだろう。

⇒映画短評の見方

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター●映画.com、シネマトゥデイ、FLIX、ニッポン放送●過去に「PREMIERE」「STARLOG」等で執筆・執筆、「Dramatic!」編集長、海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書に「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成・取材で国際エミー賞、ギャラクシー賞、民放連最優秀賞 受賞

近況: ●ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4/朝ドラ特集」●kotoba春号「特集:ブレードランナー2019-2049」●デジタルハリウッド大学「アニメフォーラム」講演●映画.comコラム●「Pen」SF特集/●NHK BSプレミアム「ザ・ベストテレビ」出演●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」●TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

» 清水 節 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク