大衆文化を食い物にする資本家へのオタクの逆襲

2018年4月20日 なかざわひでゆき レディ・プレイヤー1 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
レディ・プレイヤー1

 一握りの権力者が富を牛耳り、その他大勢の庶民が搾取される近未来。仮想空間「オアシス」に救いと希望を求めるしかない若者たちが、自分たちの心の拠り所である理想郷を守るため、欲にまみれた大企業の陰謀に立ち向かう。ある意味、これは大衆文化を食い物にする資本家へのオタクたちの逆襲だ。
 ガンダムやメカゴジラ、チャッキーにフレディ、三船敏郎からバッカルー・バンザイまで飛び出す「オアシス」の世界は、まさにオモチャ箱をひっくり返したような楽しさ。『シャイニング』のパロディも最高だ。『アルゴ探検隊』の骸骨や『死霊のはらわた』のアッシュまで出てくるので、サブカル好きは画面の隅々まで目を凝らしてチェックすべし。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]