ADVERTISEMENT

教育現場の問題に光を当てる仮面ヒーロー物

2014年2月23日 なかざわひでゆき 劇場版 仮面ティーチャー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
劇場版 仮面ティーチャー

 “教育の原点は心だ!”という、ともすると単なるキレイごとに終わりかねない直球テーマを、あえて狙ったベタなセリフとユルいユーモアで照れ隠ししつつ、仮面ヒーロー物という非現実的な設定によって逆に説得力を持たせるという、テレビ版の趣旨をそのまま踏襲した続編的内容の劇場版。非常にシンプルな構成なので、ドラマ未見でも入っていける。
 熱血教師転じて体罰教師となった新たな敵を投入することで、必ずしも理想の通用しない教育現場の理不尽と学校教師の直面する現実を浮き彫りにした点は面白い。とりあえず制作規模もTVサイズなので2時間ドラマ的なチープさは否めないが、作り手の問題意識とメッセージは伝わってくる。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT