シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ハリウッドよ、これが日本のアニメ文化の深化だ。」

  •  事件はサミット会場を狙った、IoT経由のサイバーテロ。背後で蠢く公安警察を操る、警察庁秘密組織。公共の安全を、いかに護るべきか。「公安」と一口に言っても、警察庁・警視庁・都道府県警・地検に存在するが、この国の縦割りシステムの意味が真犯人究明のミステリーを牽引する。手段を選ばぬヒーロー安室透(声:古谷徹)が、まるでシャアのような闇の輝きを放つ。超高性能ドローンが活躍し、カーアクションも見応え十分。福山雅治がEDに歌う「完全なる正しさなどゼロなんだよ~正義はいつもひとつじゃない」がテーマを射抜く。脚本は、コナンシリーズ絶海の探偵、業火の向日葵、純黒の悪夢や『相棒』『科捜研の女』の櫻井武晴。

⇒映画短評の見方

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター●映画.com、シネマトゥデイ、FLIX、ニッポン放送●「PREMIERE」「STARLOG」等で執筆・執筆、「Dramatic!」編集長、海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書に「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成・取材で国際エミー賞、ギャラクシー賞、民放連最優秀賞 受賞

近況: ●「ULTRAMAN ARCHIVES」企画構成取材●「シド・ミード展」未来会議ブレーン●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

» 清水 節 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク