シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

去勢された生ぬるい現状に挑む「東映やりすぎ路線(仮)」

  • 孤狼の血
    ★★★★★

     生ぬるい現状を変える怪作だ。暴力団に拮抗する掟破りな警察。呉ロケで醸し出す昭和の猥雑さ。傍若無人なデカ役所広司、狂気を継承する松坂桃李、大化けしたヤクザ竹野内豊。女優陣は艶やかだがエロスに課題は残る。去勢された日本映画を風刺するような“真珠攻撃”の奇襲は痛快だ。荒ぶる東映復活がコンセプトだが、韓国ノワールを吸収して低温の『アウトレイジ』をも恫喝し、無菌室な時代へのアンチテーゼを踏まえて暴力表現や自主規制用語を打破する。表現の自由を懸け、東映はシリーズ化すべき。かつて「実録」や「不良性感度」という造語でブームを醸成したが、今作に始まる路線を何と名付けるのか、惹句センスも問われる。

⇒映画短評の見方

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター●映画.com、シネマトゥデイ、FLIX、ニッポン放送●「PREMIERE」「STARLOG」等で執筆・執筆、「Dramatic!」編集長、海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書に「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成・取材で国際エミー賞、ギャラクシー賞、民放連最優秀賞 受賞

近況: ●「ULTRAMAN ARCHIVES」企画構成取材●「シド・ミード展」未来会議ブレーン●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

» 清水 節 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク